東京応化工業(tok)は、半導体や液晶ディスプレイの製造に必要なフォトレジストなどの化学薬品、製造装置を提供している会社です。

HOME ニュース2021年 新型コロナウイルスの感染拡大に関する当社の取り組みについて

2021年のニュース

ニュース

企業情報、IR情報、製品情報、展示会情報など、
当社の最新情報がご覧いただけます。

新型コロナウイルスの感染拡大に関する当社の取り組みについて

新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された方々、感染拡大により困難な状況におられる方々には心よりお見舞いを申し上げます。

 東京応化工業株式会社(本社:川崎市中原区/取締役社長:種市 順昭)は、日本国内における新型コロナウイルスの感染拡大の防止に向けた対応を実施しております。

 特に、緊急事態宣言発出地域においては、政府および自治体から「職場への出勤は、出勤者数の7割減を目指すことも含め接触機会の低減に向け、在宅勤務(テレワーク)やその他の取り組み等の徹底」などを要請されている中、当社はこの要請に対応すべく以下内容を実施しております。

 弊社へのご来社につきましては、感染防止の観点から必要な処置を講じることをご了承いただいた上でのご対応となります。ご訪問いただく際には、弊社担当者にご相談いただけますようお願い致します。

 なお、製品の生産、供給に関しては、従業員の安全確保を図った上で、従来同様に継続しております。

 何卒、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。

 

対応内容

1.勤務

  • 従業員本人が発熱や風邪症状以外も含め体調不良の場合、また、同居家族で感染または濃厚接触が確認された場合は一定期間出社しない、させないことを徹底
  • 現場作業が必要な社員を除き在宅勤務(テレワーク)実施可能な社員は、在宅勤務(テレワーク)の実施ならびに出勤時には時差出勤(公共交通機関の混雑時間帯を回避した通勤)を実施
  • 従業員の健康と安全の確保を最優先し、稼働を継続するために業務の中で 3 つの「密」(密閉空間・密集場所・密接空間)が生じぬよう最大限の配慮をすると共に代休等の諸制度等も利用して平日の接触機会の低減を図る

2.出張

  •  海外出張は事態の鎮静化が確認されるまで原則禁止し、WEB会議等での代替の実施
  • 当社グループ内の国内出張は原則自粛し、お取引様先への出張・面会についてはお取引様ともご相談しながら面会時期の見直し、WEB会議等での代替の実施

3.会議

  • 社内会議においては3密を避けるとともに、在宅勤務(テレワーク)者ならびに出社勤務者も、リモートアクセスが可能なWEB会議型式を導入

4.その他

  • 懇親会(社用)の原則禁止 等

 

尚、当社グループで感染者が発生した場合、保健所の指示を仰ぎながら、感染者の勤務場所の必要に応じた消毒等を行っております。また濃厚接触者については、所管保健所の指示よりも広く認定し、自社費用でPCR検査を実施する等、感染拡大防止の措置も合わせて講じております。さらに、社内外への感染拡大抑止のため、感染者発生状況及び対策実施状況を当社ホームページ上で公表しております。なお、海外グループ会社で感染者が発生した場合は、当該地域の政府、自治体の要請に従いながら、感染拡大防止の措置を講じております。

 

 

以上

HOME ニュース2021年 新型コロナウイルスの感染拡大に関する当社の取り組みについて